行政書士独立開業

はじめに

行政書士は、独立開業型の資格です。
皆さんはこのことを知っていましたが?
行政書士は資格を取得後、自分の事務所を構え、その事務所の代表として仕事をしていくことになります。

しかし、事務所を構えたからといって、みんながみんなうまくいくとは限りません。中には廃業に追い込まれる人もいるでしょうし、生活していくだけの収入を稼ぐのもままならない人だっているはずです。
何も保障や安定のない中で仕事をするので、多くの不安を抱ええなくてはいけないのです。

が、その一方で、成功してたくさんの収入を稼ぎ出している方がいるのも事実です。
自分のペースで仕事して、仕事をすればするだけ自分の収入となる悠々自適な生活をしています。
しかもその数は、皆さんの想像以上に多いと思います。

現在、就職難と言われていて、働きたくても働けない時代です。
雇用形態も多様化していて、本人が望む正規社員という形には中々なれません。
そのような時代で、数少ない雇われ先を必死に探すよりも、自分で独立して仕事をするという働き方の選択をしても良いのではないでしょうか?

確かに独立開業すれば、安定な的な収入が入ってくる保障はないので、不安はあると思います。
ですが、一つだけいえるのは、行政書士は成功する可能性が高い仕事だということです。
それに会社員としては働いているからっていて、安定するという時代ではありません。いつリストラや倒産が起きてもおかしくないはずです。
そもそも、安定した給料が欲しいから会社員になりたいという人は、採用する側にとっても魅力は何もありません。

そこでこのサイトでは、これから行政書士を目指して独立開業したいという方のために様々な情報を提供していきたいと思います。
仕事や収入のことはもとより、行政書士に合格するための方法までお伝えしていきます。

きっと行政書士に対しての疑問がなくなり、すっきりした気持ちで行政書士を目指せると思います。どうぞ最後までお付き合い下さい。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら