行政書士独立開業

行政書士開業のポイント

はじめに言っておくと行政書士として、開業するために行政書士として登録しなければなりません。資格を取得したからといって、行政書士と名乗れるわけではないのです。
事務所を設ける都道府県の行政書士会へ登録して、晴れて行政書士として仕事ができるようになります。

ここでは、行政書士として開業した場合の注意点を確認しておきます。
当たり前の話ではありますが、開業当初はお金がないと思います。
ですので、はじめはできるだけ、経費をかけないことです。

事務所は自宅で良いですし、パソコンやプリンターは今使っているもので十分です。
もちろん人を雇う必要はありません。

良く、周りの目を気にして、専用の事務所を借りて仕事を始める人がいますが、その必要はまったくないと思ってください。
ある程度、利益が出て人を雇う必要があれば、その時に事務所を借りれば良いだけです。
もし、自宅が狭くて顧客と打ち合わせが出来ないときは、近くの喫茶店やファミレスを使えば良いですし、周りに聞かれたくない話なら低価格で個室を貸してくれるサービスもあります。

これは、行政書士に限らずどの仕事にも言えると思いますが、事務所費というのは、何処で負担になり経営を圧迫いたします。
特に個人で開業している人なら、なお更そうです。
まずはお金をかけない、これが長く行政書士としてやっていくポイントになります。

次のポイントは、待っていても顧客は現れないということです。
行政書士として開業したら、自然と顧客が寄ってくるものだと思っている人が大勢いますが、そんなことはあり得ません。

行政書士といっても世の中に沢山いて、あなたが行政書士なったのということは誰も知らないのです。
ですから、こちらから積極的にアプローチしていかなくては、仕事はもらえません。
友人や知人に名詞を配るのも良いですし、ホームページで集客しても良いと思います。
どの方法でも構わないので、出来るだけ多くの人に自分が行政書士の仕事をしているとアピールしなければなりません。
ここが行政書士として成功していく上での一番のポイントです。
逆にここが理解できなければ、廃業に追い込まれたり、まったく仕事がない状況が続いたりしていきます。

行政書士として独立して開業したら、経費をかけない、多くの方に行政書士だと宣伝する。
この2つを必ず実践し下さい。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら