行政書士独立開業

登録費用がまず難関かも? 

行政書士試験に受かって開業をするとなったら? 真っ先に気になるのは開業費用のことでしょう。
もっともそれより先に、金額を気にしないといけない通過点があります。それは行政書士としての登録です。

登録するときは、必要な書類をあれやこれやと取り揃えないといけません。それは「登録申請書」や「入会届」といった、出すのが当たり前の書類が何種類もありますが、そのほかに戸籍謄本や住民票といった、自分の照明に使う書類もまた数種類要求されます。

といっても、これらの書類を取り寄せたり記入したりするときに難しいことはありませんし、出費を強いられるというわけでもありません。

しかし行政書士試験に受かったばかりの合格者が、登録を控えてたまに愚痴をこぼすことがあります。それが登録の費用。

行政書士連合会へ納める入会金や、会費(連合会に払うほか、政治連盟にもまとめて数ヶ月分払います)については、それぞれ数万円がせいぜいですが、合計すると5~10万円はかかります。
そしてもっと高いのが登録手数料。どこの都道府県に住んでいるかによって変わるのですが、安い場合でも20万円くらいはかかると思ってください。

今書いたような費用を合計すると、30万円近くかかる可能性があります。試験に受かったら、開業する前にまずこれくらいの登録費用を捻出しないといけません。
つまり、試験勉強をしている最中から、登録の費用をどうするのかを考えておいても早すぎではないわけです。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら