行政書士独立開業

行政書士の仕事とは?

まずは、行政書士の仕事について理解しましょう!
行政書士の仕事を一言で言えば書類の作成、提出です。
それは、喫茶店を開業したい場合、遺言書を作成したい場合、会社を設立したい場合など色々あるわけですが、その数は1万種類以上あるといわれています。

例えば以下のような書類です。
・内容証明
・会社設立
・飲食店開業の許可
・相続・遺言
・契約書の作成
・建設業の許可
・自動車関連
・示談書の作成

全てを上げることは出来ませんが、このような書類を作成してほしいと顧客から依頼を受けて、その手数料をもうことになります。これが行政書士の仕事です。

以前、特上カバチというドラマがあり、法律的な相談にのり、その問題を解決するというようなシーンが度々ありましたが、実際にはそのようなことはありません。
あくまでも、書類作成することで報酬をもらうという仕事です。

但し、書類作成といっても単純なものではなく、法律的な知識が必要な重要な書類です。その責任は重く、一歩間違えれば顧客に多大な損害を与える事だってあります。
例えば、建設業をはじめる場合、都道府県知事や国土交通大臣の許可が必要ですが、その申請書類が誤っていたり、何かの不手際で申請がおりなかったりしたら、予定通り営業することが出来なくなり、その間にかかる人件費や営業損失の損害を与えてしまいます。

また、著作権の保護の場合は、登録するのが遅れてしまったら、その間に同じような商品が流通する可能性だってあります。

その上、自治体によって書類作成のポイントも異なるので、その目的を的確に伝える能力も必要になりまし、お客様とも何度も打ち合わせをして、何を求めているかその目的を正確に把握することも必要です。

中には、行政書士の仕事は、代筆屋というくらいの認識しか持っていない人がいますが、決してそのようなことはありません。

法律知識を駆使して、世の中の動向に目を向けながら、必要としている許可をスムーズに取り顧客の利益を最大限守る重要な仕事なのです。

大変な仕事ではありますが、その分やりがいもあり充実した生活をおくことが出来ます。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら