行政書士独立開業

稼げる行政書士になるために…その1

はじめに行政書士として独立開業しても、廃業していく人もいると言いました。
それは何故でしょうか?
答えは簡単です。行政書士といえども商売だからです。
どの商売にも言えることですが、儲かっている人もいればそうでない人も必ずいます。
それは、弁護士だって医者だって同じです。
法律家だからといって特別なだということはないのです。

だったら、稼げる行政書士になるためには、商売の鉄則を実践すれば良いのです。
その一つが集客です。
現在稼いでいる行政書士を見ると、ほとんどの方が集客に力を入れています。
特に今は、インターネットをうまく活用しているようです。

インターネットというのは、複数の人に一瞬にして情報を配信できるので、効率的に事務所の宣伝をしていくことが出来ます。
しかも、従来の紙媒体と違いスピードも速く、小額で広告を打てるので、予算のない個人事務所でも大手と変わらない宣伝をすることが可能になります。

これが一昔前なら、報酬にも全て一定で、広告宣伝も自由に行なえませんでした。
今は、規制緩和の影響で、そのようなことがないので、インターネットというツールを使い自由に宣伝することが出来るのです。

ただし、インターネットといっても集客するためには、ノウハウが必要です。
その上、最近は他の事務所も利用しはじめているので、ただ単にホームページを作り、広告を出しても結果か出づらくなりました。

インターネットに関してあまり詳しく話すとサイトの趣旨と異なるので、ここでは割愛しますが、とにかく自分なり試行錯誤しながら研究しなければなりません。
どうしてもわからない方は、士業専門のセミナーがありますので、
そういったところを利用するのも良いと思います。

もちろんインターネットでなくても構いません。
仕事を紹介してくる人脈があればそれを利用しても良いですし、近所の人にチラシを配っても良いと思います。

要は、仕事の依頼がたくさん来る方法を考えるということです。

行政書士の方は、集客というのを意識する人が少ないので、
ここを攻略できれば稼げる行政書士になっていきます。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら