行政書士独立開業

行政書士の平均年収って?

全国の行政書士に年収についてアンケートを取ったところ、平均が600万円を少し越えるくらいの額でした。
ちなみに、年収が高い銀行は650万円、不動産なら630万円くらいといわれていますから、そう考えれば平均値とすればそれほど悪くない数字だと思います。

但し、勘違いしないでほしいのは、行政書士は600万円くらい貰っている人が多いというわけではありません。
あくまでも平均ですので、実際は大多数がそれ以下の金額だと思います。

ところで皆さんはパレードの法則というのをご存知ですか?
上位2割が全体の80%占めるという法則です。
これは行政書士に限らず、銀行にも不動産にも言えることです。
つまり、業界の年収の高さを維持しているのは上位2割の方で、それ以外の8割の方は平均年収に満たしていないのです。
ということは、行政書士の平均年収が高いのは、上位2割の方がかなり稼いでいるということになります。

実際に行政書士で稼いでいる人は、2千、3千万はざらで、私の知る限り五千万円以上稼いでいる方がいると聞いたことがあります。

インターネット上では、行政書士は稼げないという方がいますが、それは、稼げていない8割の人しか知らないだけで、本来はかなり稼いでいる人が多い業界でもあるのです。

それに行政書士とは独立開業型の資格で、通常のサラリーマンでは、どんなに売り上げを上げても、自分の手元に残る給料は微々たる物ですが、行政書士は売り上げた分まるまる自分の利益になります。
しかも別ページで説明したように1万種類も書類作成の仕事があり、それだけマーケットが大きく、需要もあるので、成熟しきった他の業界よりも稼げやすいはずです。
稼げていない人は、集客や専門分野の選び方がうまくいっていないだけです。

私は、行政書士になる前に稼げる業界と聞いて正直半信半疑でしたが、実際にこの世界を体験して本当に稼げる仕事だと実感いたしました。
是非、高収入を目指したいという方に行政書士をオススメしたいと思います。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら