行政書士独立開業

行政書士合格への心構え!

行政書士に合格するための重要な要素は色々ありますが、全部伝えても実践できるとは思えません。そこで、行政書士に合格するために最低限必要な以下のポイントを守って下さい。そうすれば必ず合格できます。

1、絶対的な勉強量をこなす。
2、良い教材を揃える。

まず、どのような試験でも1は重要です。合格できない方の一番の原因は、学力不足です。つまり勉強時間が圧倒的に少ないのです。

行政書士の試験というのは、絶対に乗り越えなければいけないハードルではありません。これが大学試験や高校受験、入社試験なら落ちるわけにはいかないですから、みんな必死になって勉強します。
ですが、行政書士の試験というのはそうではないので、中々本気なって勉強するということは、しなくなります。
それに普段働いている社会人が多い試験なので、仕事が優先になり、勉強はそっちのけになってしまいがちです。
まずは、ここをクリアーできるがで、合否の行方が決まってしまいます。

なお、最低限必要な勉強時間は、600時間とか800時間と言われていますが、私は800時間必要だと思います。
まあ、個人の学力の差にも寄りますが、それくらい目安にして下さい。

次に重要なのは良い教材を揃えることです。
どんなに一生懸命勉強しても、テキストの内容が的外れだったり、問題集の内容が悪かったり、DVD講義がなかったりしたら、合格できません。
良い教材を揃えて、勉強量をこなすこれが行政書士合格への秘訣です。

それでは、良い教材のポイントを以下にまとめていますので、それに当てはまるものを揃えてください。
1、ハイビジョン撮影しているDVD講義を用意する。
2、テキストは、図や表を使いながら解説していて、出来るだけフルカラーになっているものを選ぶ。
3、問題集は過去問を用意し、テキストとDVD講義がセットになっているもの。

この3つをクリアーしていれば、まず間違いはありません。

それぞれ説明すると、1は合格に必要不可欠です。
行政書士のように複雑な法律の勉強で、しかも出題範囲が広い試験では、テキストだけで内容を理解するのは無理があるので、講義を聞きながら勉強しなくてはなりません。

また、DVD講義なら何でも良いというわけではなく、画面に臨場感があり、長時間見ても飽きないことが大切です。
そのためには専用のスタジオで、プロのカメラマンが複数のカメラを使いしっかりと講師の動きをとらえているようなハイビジョン撮影していることです。

ただ、世に出回っているDVD講義は、撮影方法にまったく工夫がないものがほとんどです。
例えば、予備校の通信講座は、教室の講義をそのまま撮影していたり、デジタルカメラを講師の目の前に1台置いて撮影していたりする物なので、長時間見るのが厳しい映像です。

次の2は、文字だけではとても理解しきれないので、図や表を使い内容が整理されていることと、フルカラーになっていて、少しでも学習効果を上げることです。
ちなみにフルカラーなっていれば脳に刺激を与え、記憶効果が高まるそうです。

最後の3は、行政書士の勉強は過去問演習が基本なので、用意するのは当然だとしても、テキストとDVD講義がセットになっていることが重要です。

というのも過去問の勉強は問題を一問、一問理解していることが大切なので、どうしても問題集の解説だけでは対応できません。
そんな時にDVD講義やテキストで、内容を確認することができれば問題を深く理解し、思考力が問われる現在の行政書士試験を攻略できるようになります。

なお、大手の通信講座から、専門学校の教材、市販教材など、色々見てきましたが、この3つをクリアーしているのは今のところフォーサイトという通信講座だけです。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら