行政書士独立開業

行政書士は独立開業しか方法はないのか?

さて、ここまで行政書士になって独立開業することを中心にお話してきました。
でも、行政書士事務所に就職する人も少なからずいます。

就職することができれば、一から顧客を集めることをしなくて良いですし、実務のノウハウもあるので、仕事しやすい環境であることは間違いありません。
実際に各事務所のホームページは求人を出しているところもたくさんあります。

ただし、お金を稼ぐということは難しくなります。
事務所に就職してしまうと、給料は決められた額になってしまい、サラリーマンと変わらないはずです。もしかしたら、サラリーマンよりも低いかもしれません。

行政書士になりたいと思う人の多くは、お金を稼ぎたいという願望をもっています。「年収1000万以上稼ぐぞ」「生活費に困らないくらいのお金を稼ぎたい」などハングリーな気持ちがあります。
だからこそ、大変な勉強にも耐え合格することが出来るのだと思います。

もちろん収入だけが目的だとは言いません。
仕事へのやりがい、社会への貢献などのお金以外の魅力を感じて行政書士を目指す人もいると思います。
それに現在のような不況下では、独立開業して仕事をするよりも、毎月安定した収入を求めている人が多いのも事実です。

しかし、行政書士はあくまでも独立開業型の資格です。
独立開業することで、サラリーマン時代のように時間に追われることがなく、嫌な人間関係に悩むこともなくなり、自分のペースで仕事をし、そしてたくさんのお金を稼ぐ。
これが行政書士の魅力ではないでしょうか!

まあ、人それぞれ考えや価値観が異なりますので、独立開業を強く勧めることは出来ませんが、就職するにしても最終的に独立ということは頭の片隅に入れておいてほしいと思います。

自信がない人でも独立開業したら、意外に成功できたという方も結構います。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら