行政書士独立開業

他の資格よりも高い開業適性

行政書士で開業するのは、どうしても失敗・廃業のリスクがつきものです。だからといって、今から開業を目標にすることが無駄だという結論にはなりません。

ここで、視点を少し変えてみましょう。なぜ開業をすすめられる資格の筆頭に、行政書士がよくあがっているのか? どうしてその他の資格ではないのか? 

行政書士よりも知名度があったり、仕事内容等の評価が高かったりする資格はいろいろとあります。資格の種類は途方もなく多いので書き出すときりがありませんが、法曹界に絞っても弁護士・司法書士・弁理士……、といろいろとありますね。

しかし。弁護士や弁理士となると、極端にハードルが上がってしまいます。合格者は数年も必死に勉強していることがザラですね。そこまでする覚悟を持てる人は少数派でしょう。しかし行政書士なら、1年以内で合格できるチャンスが与えられます。

試験の難易度だけではありません。開業後の行方も大切です。もともとどの資格でも廃業のリスクはありますが、たとえば弁護士にしても現実は困難です。弁護士の数も試験制度の変更が主因で増えすぎだといわれていますが、実際に開業や成功の可能性が低いために廃業、あるいは登録そのものを見合わせてしまう司法試験合格者のニュースがたまに報じられている有様です。

行政書士も、人数増加の傾向があることは事実。それでも、仕事の幅が広いため、今からでも開業して食べて行ける可能性は残っています。いつまでも行政書士一本でやっていくには、開業後ずっと油断はできませんが、それでも他の資格と比べて有利な点がいろいろとあるのです。

元来行政書士は、開業向けの資格でしたが、今のようなご時世に照らしても、開業に向いている資格のまま変わっていないのです。


通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら